都暮らしの記録

アビスリウム、旅かえる、読書など趣味の記録

【読書記録】2019年11月に読んだ本まとめ


こんにちは、寒くなりましたね。
11月に読んだ本のまとめです。

合計16冊でした。ドリトル先生祭り。

 

 

 

マルグリット・ユルスナール『東方綺譚』

東方綺譚 (白水Uブックス (69))

東方綺譚 (白水Uブックス (69))

 

古典的な雅致のある文体で知られるユルスナールの一風変ったオリエント素材の短篇集。古代中国の或る道教の寓話、中世バルカン半島のバラード、ヒンドゥ教の神話、かつてのギリシアの迷信・風俗・事件、さては源氏物語など、「東方」の物語を素材として、自由自在に、想像力を駆使した珠玉の9篇。

 前に読んだことあるやつだった…!
1編目の中国の絵描きの話が好きです。源氏物語の話は…うん、どうなんだろ…

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生アフリカゆき』

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))

 

沼のほとりのパドルビー」に住む名医ドリトル先生は,オウムのポリネシアから動物語を習い,世界中の動物たちから敬愛されています.ある日アフリカのサルの国から,ひどい疫病が流行しているから救ってほしいという訴えを受けた先生は,犬のジップたちをひきつれて冒険の航海に出発します.ドリトル先生物語の第1作目.

田舎出身で子供時代は図書館事情が悪く、児童文学作品ってあんまり読めてないんです。
ちょっとずつ読んでいきたいと思って図書館で借りたんですが、ちょっと恥ずかしかった。

 

 

たら子『天地創造デザイン部』(1)~(4)

天地創造デザイン部(1) (モーニング KC)

天地創造デザイン部(1) (モーニング KC)

  • 作者:たら子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/22
  • メディア: コミック
 

天界にある動物の「デザイン室」では、神様(クライアント)からのムチャ振りを受けて、日々さまざまな動物がデザインされていた。「ユニコーンってなんで存在しないの?」「美味しい生き物の条件って?」「海で最強の動物は?」「蛇と鳥、どっちが強い?」など、面白くてためになるコメディ満載!! マンガの単行本とは思えない、登場した動物たちの図鑑も収録!! これを読めば、動物園や水族館が100倍楽しくなる!!

かなり昔からKindleストアでお勧めされていた作品。
『ざんねんな生き物』系が好きな人は楽しめると思います。
金森さんは男性だと思ってるんですが、火口さんや冥土さんと女湯に入ってるのが気になる…女性なのか?それとも火口さんと冥土さんが気にしないキャラなだけ?

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生航海記』 

ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫 (022))

ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫 (022))

 

靴屋のむすこのトミー少年は,大博物学者ロング・アローをさがしに,尊敬するドリトル先生と冒険の航海に出ることになって大はりきり.行先は海上をさまようクモサル島.島ではロング・アローを救い出し,ついに先生が王さまに選ばれ活躍しますが,やがてみんなは大カタツムリに乗ってなつかしい家に帰ります.シリーズ第2話. 

ドリトル先生2作目。
少年助手、いいですね。レイトン教授とルークとか大好きです。
クモサル島脱出のくだりは、動物たちのほうが人間っぽく苦労してて面白かったです。

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生の郵便局』 

ドリトル先生の郵便局 (岩波少年文庫 (023))

ドリトル先生の郵便局 (岩波少年文庫 (023))

 

寒い冬のイギリスを脱出,ドリトル先生は動物たちと再びアフリカに出かけてファンティポ王国の郵政大臣になります.ツバメたちを使った小鳥郵便局は,世界でいちばん早い郵便として大成功.そして動物の通信教育も始まりますが,ある日,太古のカメから手紙が届くと,先生はさっそくカメに会いに秘密の湖に出かけてゆきます.

えー、ビジネスの極意は良いものを作ることではなく消費者の欲求を作り出すことだというような話を聞いたことがありますが、動物にまで手紙を流行らせたドリトル先生はビジネスの天才かもしれません。
ちょっと事業継続性に難があるかもしれませんが…

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生のサーカス』

ドリトル先生のサーカス (岩波少年文庫 (024))

ドリトル先生のサーカス (岩波少年文庫 (024))

 

航海から帰ってまた一文なしになったドリトル先生と動物たち.ついにみんなでサーカス団に入ることにしますが,サーカスの動物たちのひどい暮しに大憤慨.あわれなオットセイ脱出のために,先生の大冒険がはじまります.やがてだんまり芝居で大成功した先生は,悪い団長に代わってサーカスを率いることになりますが…. 

前半はオットセイと先生の逃避行、後半はサーカス経営のテコ入れ話です。
オットセイとの逃避行は…犯罪はもうちょっと計画的に。
そして過去にビジネスをめちゃくちゃにされているにも関わらず、笑ってドリトル先生を釈放してくれる判事はジェントルマンだと思います。

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生の動物園』

ドリトル先生の動物園 (岩波少年文庫 (025))

ドリトル先生の動物園 (岩波少年文庫 (025))

 

ドリトル先生の動物園は世界でたった1つのオリのない動物園です.そこはネズミ・クラブにリス・ホテル,雑種犬ホームやウサギ・アパートなどのある,不思議で楽しい動物の町なのです.先生とトミー少年は,毎晩ネズミたちから面白い話を聞いたり,探偵の犬といっしょに大金持の遺書をめぐる大騒動にまきこまれたりします.

動物園というか、動物村、動物街、動物王国…そんな感じです。
探偵犬・クリングが良い感じ。ベルギー出身って、やっぱりポワロがモチーフ?

 

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生のキャラバン』

ドリトル先生のキャラバン (岩波少年文庫 (026))

ドリトル先生のキャラバン (岩波少年文庫 (026))

 

サーカスの団長になり,おなじみの動物たちをひきつれてキャラバンの旅をつづけていたドリトル先生は,ある日,ついに世紀の名歌手カナリアのピピネラに出会いました.やがて世界ではじめての鳥たちによる公演がロンドンで大成功をおさめ,先生と動物たちの名は一躍各国になりひびき,売上金をもとに数々の事業をはじめます. 

キャラバンとあるので砂漠の商隊を想像してましたが違いました。
劇団、オペラ座…そんな感じです。
アヒルの家政婦・ダブダブの「先生が一文無しになるスピードは儲けた金額の多さに比例する」という台詞は…うん、、としか言えない。

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生と月からの使い』

ドリトル先生と月からの使い (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

ドリトル先生と月からの使い (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

 

昆虫語の研究に熱中していたドリトル先生のところに,ある晩,家くらいもある巨大なガがあらわれました.このガが月の世界から来たのだと知って,先生は月へゆく決心をします.

これまでと毛色の違う作品でした。
動物たちが持ち回りで「お話」を披露し合う前半では、流浪の末に博物館館長になった犬のケッチが好きです。
後半の、家族を危険な目に合わせないように内緒で月に向かおうとする先生組と、それを察知して密航を試みるトミー組の静かな攻防、いよいよ月に向かって飛び立ったところで「続く」になる展開は、シリーズで一番の盛り上がりでした。

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生月へゆく』

ドリトル先生月へゆく (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

ドリトル先生月へゆく (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

 

巨大なガにのって月へ向かったドリトル先生たちは,水や食物を求めての苦しい旅をします.月の世界の住民たちと話をかわすことができるようになり,先生は患者の診療に大活躍.

これはアレですね。
コナン・ドイルが、ホームズものを書くのがイヤになって、ホームズとモリアーティを滝つぼに落としたのと同じやつですね?
後で復活(続刊刊行)してるところまで同じだから、まあ良いのかもしれませんが… 

 

 

白浜鴎『とんがり帽子のアトリエ』(6) 

とんがり帽子のアトリエ(6) (モーニング KC)

とんがり帽子のアトリエ(6) (モーニング KC)

  • 作者:白浜 鴎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/11/21
  • メディア: コミック
 

魔法使い・キーフリーの弟子となったココは、同じアトリエで魔法を学ぶアガットとリチェの「第2の試験」に付き添いで同行する。そこに、禁止魔法を使う「つばあり帽」の妨害が入り、窮地は脱するが試験は中断、キーフリーは負傷してしまう。魔警団のメンバー・ルルシィと共に魔法使いの住む海底の「大講堂」に向かった一同は、三賢者の一人ベルダルートと面会し、再試験を受けることに…! 

新刊が出てたので購入。
相変わらず世界観が良いです。服とか建物とか小物とか凝視してしまう。
キーフリーの師匠・ベルダルート登場。楽しいおじさんでした。

 

 

荒川弘『百姓貴族』(6)

百姓貴族 (6) 通常版 (ウィングス・コミックス)

百姓貴族 (6) 通常版 (ウィングス・コミックス)

  • 作者:荒川 弘
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2019/11/23
  • メディア: コミック
 

マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。今巻も、進路の決め方や農筋について、牛だけにウマがあわない牛社会のいじめ問題、平成バブルと農家、歴代の犬などバラエティに富んだネタがいっぱい!さらになんと、荒川家を揺るがす重大な決断が…!?新時代もオーセンティックな農ライフをお届け♪荒川印の特濃☆農家エッセイ・コミック第六弾!!

これも新刊出てたので購入。久しぶり。
家系図つくったら行き着いたご先祖が「藤原秀郷」(俵藤太)というネタ、えーと、ウチの家系も同じこと言われてるんですけど、もしかして荒川先生と親戚ですか…?
(何か家系図の作成パターンがあるんだろうなあ)

 

 

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生月から帰る』

ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

 

月へ行ったきりのドリトル先生の帰りを,動物たちは待ちわびています.ところがある日,巨大な月のバッタにのってやっと帰ってきた先生は,なんと6メートル近い巨人になっていました.

トミーもですが、これって結局どうやって縮んだんでしょ?
最初は重力の関係で月だと伸びる/地球だと縮む、かと思いましたが、月での巨大化の原因は食べ物だと言われているし…
そして不死の研究というちょっと怖い方面に興味を持ち始める先生。。
早々に諦めてくれると良いのですが。